紀氏の歴史の軌道M







後鳥羽天皇 1183-1198年 82代目

   ・1183 源頼朝 東国行政権を獲得する。
   ・1185-2 鎌倉幕府の成立
   ・1185-3 平氏の滅亡

・1183「三原庄」筑後国(福岡県)小郡市
          ・領主:石清水八幡宮 出典:石清水田中家

・1183「美豆牧」山城国(京都府)京都市
          ・領主:石清水八幡宮 出典:石清水文書
   
・1183-2 紀嫡子 田地売券  ※平安異聞第八 東大寺文書
     ・大和国平群郡夜摩郷拾条八里参坪 売人 女紀(花押)

・1183-5-11 源平合戦の地 富山県砺波郡倶利伽羅山の松永の地で
      ・源義仲が北陸の砺波山で平氏の大軍を破った
      ・松永村、松永郷 道林寺のある場所

      ・柳原松永村領=今、石動(一向宗蓮沼「道林寺」の旧地是也と言う
      ・後年、一向宗に松永丹波守が領袖として戦っている

      ・砺波郡に源氏嶺と云うあり、嶺は松永村領、北は長村領、
       南は松尾領、西は松永領、東は道林寺領也

・1183-6-6 紀時方田地売券 ※平安遺文 第八 東大寺古文書
      ・在大和国添上郡京東6條貮里十○之内 紀時方(花押)

・1183-11 室山の合戦 紀七左衛門、紀八左衛門、紀九郎が
           源十郎蔵人行家に討ち取られた

・1184「古尾谷荘」武蔵国(埼玉県)入間郡
           ・領主:石清水八幡宮 出典:源頼朝が寄進

・1184「国富庄」日向国(宮崎県)日南市
          ・松永村 出典:石清水菊大路家

・1184「香椎庄」筑前国(福岡県)福岡市東区
          ・領主:石清水八幡宮 出典:石清水文書

・1184「三箇庄」筑前国(福岡県)朝倉郡
          ・領主:石清水八幡宮 出典:石清水文書

・1184「兵庫上庄」摂津国(兵庫県)神戸市
          ・領主:石清水八幡宮 出典:石清水菊大路家

・1184「走井庄」河内国(大阪府)枚方市
          ・領主:石清水八幡宮 出典:石清水菊大路家
 
・1184 紀実春 平安時代の武士、大井兵衛(兵三)次郎と称する。
    ・源頼朝に仕え、平家家人を追討するため伊勢国に下向 
    ・1185-1 因幡目代で源義経の邸に見参した。
        ・看督長たちへ実春が勤仕した
    ・1185-11 伊勢国香取五ケ郷を拝領    
    ・1190-11 頼朝の入洛の際、後陣一番の隋兵を努めた。

     兵三武者紀実直
       ‖―――紀実春
     渋谷重国の娘

・1184-4-5 安富領 駿河国 池大納言沙汰
         ※源頼朝下文案 久我文書

・1184-7-17 命清 仁和寺 法眼
      ・52才入寂(1132-1184)

・1184-10-28 成清(善法寺.弥勒寺)石清水八幡宮 別当
       ・「護国寺」宮寺法印
       ・成清の請けにより源頼朝「弥勒寺」の事を奏す
                  
・1184-11-3 紀朝臣行頼
       ・藤原朝臣経房 太宰権師 正3位中納言の歌合せに

・1185 承仁法親王 権大僧都 

・1185「大神新庄」豊後国(大分県)速見郡
          ・領主:弥勒寺 出典:石清水文書

・1185「阿南庄」豊後国(大分県)由部市
          ・領主:葉室大納言家 出典:松永名

・1185「大美祢庄」周防国(山口県)美弥郡
          ・領主:不詳 出典:石清水八幡宮

・1185「石坂保」出雲国(島根県)松江市
          ・領主:石清水八幡宮寺 出典:石清水田中家

・1185「安田庄」出雲国(島根県)安来市
          ・領主:石清水八幡宮寺 出典:石清水八幡文書

・1185「横田庄」出雲国(島根県)仁多郡
          ・領主:石清水八幡宮寺 出典:石清水田中家

・1185「三野田保」阿波国(徳島県)三好郡
         ・領主:石清水八幡宮 出典:石清水菊大路家

・1185「鳥養庄」淡路国(兵庫県)洲本市
         ・領主:石清水八幡宮寺 出典:石清水田中家

・1185「枚石庄」淡路国(兵庫県)洲本市
         ・領主:石清水八幡宮 出典:石清水田中家

・1185「阿保庄」伊賀国(三重県)伊賀市
         ・領主:石清水八幡宮 出典:石清水田中家

・1185「羽丹生」越中国(富山県)小矢部市
         ・領主:石清水八幡宮 出典:石清水田中家

・1185 「松永保」若狭国東郷が
           ・領主:別名(田租税免除扱)の京都の国衙領となる
                      ※小浜市史

・1185 紀朝臣新太夫行平 豊後国 高良山記録 

・1185-1 紀実春(大井兵衛)次郎 因幡国目代
     ・源朝臣義経の邸に見参した
     ・看督長たちへ、紀実春が勤仕した

・1185-1-9「呉保」安芸国(広島市)呉市(安南郡)
       ・領主:石清水八幡宮 出典:石清水田中家

・1185-1-9「松崎別宮」安芸国安南郡
       ・領主:石清水八幡宮末社 


ーーー鎌倉幕府の成立ーーー1185-2〜1333

・1185以降 京都守護

ーーー平氏の滅亡ーーーー1185-3

・1185-3-5 金剛峯寺下政所三方百姓等起請文 ※平安遺文 第八
        @河南 ・紀則行(略押)
            ・紀安則(略押)
            ・紀常清(略押)
            ・紀宗延(略押)
            ・紀国弘(略押)
            ・紀安延(略押)

        A河北 ・紀常遠(略押)
            ・紀勝道(略押)
            ・紀友国(略押)
            ・紀時道(略押)
            ・紀安永(略押)
            ・紀貞時(略押)
            ・紀時元(略押)
            ・紀為貞(略押)
            ・紀宗重(略押)
            ・紀則延(略押)
            ・紀則清(略押)
            ・紀延近(略押)
            ・紀近友(略押)
            ・紀国末(略押)
             ・ 紀貞利(略押)

        B下方 ・紀国末(略押)
            ・紀時成(略押)
            ・紀是正(略押)
            ・紀行遠(略押)
            ・紀為道(略押)
            ・紀包末(略押)
            ・紀弘永(略押)
            ・紀永末(略押)
            ・紀眞次(略押)
            ・紀近安(略押)
            ・紀則之(略押)
            ・紀永則(略押)
            ・紀正道(略押)
            ・紀行貞(略押)
            ・紀友国(略押)
            ・紀依貞(略押)
            ・紀清貞(略押)

・1185-11 紀実春(大井氏)伊勢国香取五ケ郷を拝領  

・1186「前見庄」信濃国(長野県)
         ・領主:済益 雅楽頭 出典:ー  

・1186「竹田津庄」豊後国(大分県)国東市
          ・領主:喜多院・弥勒寺 出典:石清水田中家

・1186「伊美庄」豊後国(大分県)国東市
         ・領主:弥勒寺 出典:石清水田中家

・1186「草地庄」豊後国(大分県)豊後高田市
         ・領主:石清水八幡宮 出典:石清水田中家

・1186「真玉庄」豊後国(大分県)豊後高田市
         ・領主:喜多院・弥勒寺 出典:石清水田中家

・1186「香香地庄」豊後国(大分県)豊後高田市
         ・領主:喜多院 出典:石清水田中家

・1186「八坂庄」豊後国(大分県)杵築市
         ・領主:石清水八幡宮 出典:石清水田中家・菊大路家

・1186「山香庄」豊後国(大分県)速見郡
         ・領主:弥勒寺 出典:石清水田中家・菊大路家

・1186「日出庄」豊後国(大分県)速見郡
         ・領主:喜多院 出典:紀氏=山邊氏の開発

・1186「大神庄」豊後国(大分県)速見郡
         ・領主:石清水八幡宮 出典:石清水田中家・菊大路家

・1186「好嶋荘」陸奥国いわき市
        ・領主:石清水八幡宮進
    ・源朝臣頼朝が平家没官領であった当荘を寄進
      
・1186 重源上人 伊勢神宮に参詣し、
    ・後白河法皇のとき「大般若経」八幡別所に置かれた
    ・伊勢神宮と東大寺との関係は深く明治の神仏分離後
     東大寺の樂所の舞楽面や衣装が伊勢神宮に置かれた。
                 ※東大寺辞典 東京堂出版

     ・「慶恩寺」浄土宗 東大寺再興に際して建立
           ・奈良県宇陀郡大宇陀町春日松谷山

・1186頃 賀茂朝臣済憲 陰陽博士 造暦  

・1186-2-5 紀重延 田地直米請取状案 ※東大寺文書

・1186-8 西行 重源上人に頼まれて東大寺再建の寄付を
        募るため奥州に赴く
        ・「新古今集」を代表する家人

・1186-10-24 実済 東大寺 律師 灌頂色衆廻講如件 
       ・行事 兼 布施行事
       ・1194-4 東寺長者 御教書
       
・1186-12-20 吾妻鏡
       ・末光安富:地頭:河五郎
       ・粥安富名:地頭:岡部六郎
       ・豊富安富:次官
       ・近富安富:河別当
       ・安富名:品房
       ・松永名:地頭:四方田五郎

・1187「牛屎院」薩摩国(鹿児島県)伊佐市
          ・領主:紀清忠 出典:図田帳

・1187「蒲田別府」筑前国(福岡県)福岡市東区
          ・領主:筥崎宮 出典:石清水文書

・1187「得善保」周防国(山口県)周南市
         ・領主:石清水八幡宮 出典:石清水田中・菊大路家

・1187「末武保」周防国(山口県)下松市
         ・領主:石清水八幡宮 出典:石清水田中家

・1187「松永名」伊勢国(三重県)鈴鹿市
         ・領主:伊勢神宮 出典:神鳳鈔

・1187-7-3 栄西 葉上上人 紀氏 再入宋

・1187-10-3 賢済 喜多院 筑紫禅師  片頭
       ・誦経 真言伝法灌頂師資相承 血脈 

・1187-10-3 成清(善法寺・弥勒寺)石清水八幡宮 御布施取 
       ・真言伝法灌頂師資相承

・1187-10-20 紀助常 大和国「北野庄」内畠地処分状
       ・子息:紀姉子充

・1187-12-28 慶清(中坊)石清水八幡「護国寺」宮寺別当
       ・83歳逝去(1104-1187)

・1187-1198 薩摩における将軍の家臣(紀氏関係)
      ・伊集院四郎入道迎清(紀氏+藤原氏の血統)
      ・宮里八郎(紀氏)
      ・南郷万楊覚斎(紀氏+藤原氏の血統)※入来文書

・000 紀朝臣奉永 刑部丞で紀朝臣四郎と名乗る。    
     ・後鳥羽院のとき西面随一の武士
    ・美濃国大野郡内正近山惣追捕史
    ・多くの勲功を立て、伊勢国三重郡内各地に地頭職
    ・母:揖斐二郎太夫菅原朝臣親家の娘
    ・1240-10-4 83歳逝去(1159-1240)

  薩摩守
   紀維貞           源頼政の弟
   ‖─紀公貞─紀奉貞─┌=源奉政(池田)─紀奉光──紀奉永
   ‖式部少輔 蔵人  │ 美濃国山形郡  池田郡司 伊勢国地頭
 源頼信の娘       │   志津野城  薩摩守  
 清和源氏        │
              ├紀貞政
             │
             └紀貞綱 紀八

・1188「大野庄」豊前国(福岡県)築上郡
         ・領主:喜多院・弥勒寺 出典:石清水田中家

・1188「福田庄」播磨国(兵庫県)加東市
         ・領主:石清水八幡宮 出典:越前島津家

・1188「小一条庄」河内国(大阪府)−
         ・領主:石清水八幡宮寺 出典:石清水田中家

・1188「鹿野庄」丹後国(京都府)京丹後市
         ・領主:石清水八幡宮 出典:石清水田中家

・1188「蒲原庄」駿河国(静岡県)静岡市
         ・領主:石清水八幡宮 出典:石清水八幡宮文書

・1188-1-7 成清(善法寺・弥勒寺)石清水八幡宮 別當

・1188-1-11 紀近延 田地売券案 ※東大寺文書
      
・1188-4-29「松永名」伊勢国に国衙領 000〜1392頃
           ・領主:伊勢神宮「内宮領」上分米2石
                    ※「神鳳鈔」

      ・武蔵野御家人岡部忠澄に平氏追討勲功賞として
       地頭職を与える「松永名田=粥安富田」となる

       ※岡部氏は藤原南家 工藤氏流
        駿州入江の人で源頼朝に従い駿州の太子の地位を授かる
        ・公卿刺使駅家雑事勤否注進状(鎌遺224)
        ・地頭:四方田五郎(丹生山公田(水銀)の地頭職も
            1221 承久の乱で没落
        ・桑名郡に「松永邑」

・1188-9-3「松永庄」若狭国(福井県)小浜市
      ・領主:源朝臣三位源頼政から、後白河院の勅願書により
            ・領主:蓮華王院領となる   ※吾妻鏡

      ・蓮華王院に紀氏の経本が残っている
      ・紀朝臣貫之の土佐日記もあった

・1188-9-3「松永保」若狭国遠敷郡の
          ・地頭:藤原朝臣重頼(二条院讃岐の夫)の
                  横領を源朝臣頼朝が差し止める  ※吾妻鏡

・1188-10「水内庄」備中国(岡山県)下道郡
          ・領主:石清水八幡宮領 

・1188-10-13 済朝 東寺 阿闇梨 小灌頂を勤める

 −−−1189 文覚 東寺の修造を始める  ※東寺年表
        ・1196 文覚僧 仏師運慶は文覚の引き立てで神護寺、
        東寺、東大寺の諸仏を造像し修理する
    ・1197 東寺(教王護国寺)の再興を成し遂げた
    ・佐渡島へ流罪
    ・源朝臣頼朝の挙兵を決断させる
    ・後年、鎮西に流され配所にて没したー−ー

・1189 成清(善法寺・弥勒寺)石清水宮八幡宮 別當 
    ・高野山に「随心院」を建立

・1189「下和佐荘」紀伊国(和歌山県)和歌山市(名草郡)
    ・領主:石清水八幡宮祠官成清が高野山に
        随心院を建立し寄進する
    ・「上和佐荘」領家職祠官田中家が伝領
    ・1471には新善法寺領に 出典:石清水菊大路家

・1189 摂津国垂水西郷牧榎坂郷垂水村 田畠安富4丁三反
      
・1189 紀朝臣宗季 御厨子所預 女御進物所預 
    ・藤原朝臣良経 従1位 
     ・太政大臣の家司(北家藤原朝臣道長ー藤原朝臣師実の後裔)
    ・民部太夫、摂関家侍、

    ・六角町供御人を創始した人物としても著名で、
     ・これも子孫に相伝されて紀氏の非常に重要な
     経済的基盤となった。※中世公家と地下官人 吉川弘文館
    ・1192-6 従5位上 後京極殿家司 政所別当 
         御厨子所預 豊前守      
    ・1204 興福寺領 春日神社領「吹田庄」下司職を
             幕府が任命 子孫相伝する。 
        ・源平争乱期、紀朝臣宗季の弟、紀朝臣宗時が
         平家に与同し没収された折、
         「興福寺」申状と殿下仰頭弁奉書が
         幕府に提出され再任されている。 
                    ※日本荘園史4
     
 ※紀長谷雄─紀淑信─紀在昌─紀伊輔─紀為基─紀頼任─紀宗成
                          御厨子所預
                                                     この後裔

・1189-4-7 紀朝臣遠兼 伊賀国「鞆田荘」地頭職 停止

・1189-8-10〜9-20 紀朝臣権守 ※吾妻鏡

・1190 「藁江庄」備後国(広島県)
    ・石清水八幡宮領として安堵されている

・1190 「得善保」周防国(山口県)都濃郡
              ・領主: 石清水八幡宮領 戦国期まで

・1190 「神崎荘」備後国(岡山県)
          ・領主:石清水八幡宮宝塔院領 出典:院宣み見える

・1190「竃門庄」豊後国(大分県)別府市
         ・領主:喜多院 出典:石清水田中家

・1190 長巌(紀姓)修験者  
    ・七条院から大和「檜牧莊」を寄進される
    ・父:紀尊真

・1190 重源上人 勧進 兵庫県播磨小野市「大部莊」を支配する    
    この莊内に「浄土寺」を建てる ※東大寺辞典 東京堂出版

・1190 忠済 比叡山延暦寺 天台宗 大僧都 味岡流
    ・法性寺 尾州 和尚 大法師
    ・栄西の弟子
    ・藤原朝臣中御門の後裔

・1190 承仁法親王 親王宣下
    ・後鳥羽天皇の護持僧を務めた
   
・1190 紀朝臣六太夫正家 薩摩国 高城郡草道、萬得の名主
    ・1190-1199の間 薩摩田園帳に
    ・1204-2-10 散位 
           八幡宮神職権執印 宮里郷地頭(宮里姓に)
                ※日本姓氏大辞典 太田亮

・1190 行空上人は宵待小侍従の請けによって高野山に登山し
    講坊十二院を建立。
    ・のち東山天皇は小侍従の戒名に因んで
    ・本覚院と改めて今日に至っている 
              ※高野山宿坊本覚院のパンフレット

・1190頃 済胤 延暦寺 大僧都 法師   
          ・1236 延暦寺 阿闍梨 大僧都 権大納言
     ・父:綱圓 山 阿闇梨(藤原朝臣済時の後裔)

・1190頃 紀盛親の娘
       ‖―――新屋源太行景
     宇多源氏行實 従5位下 井上三郎太夫
  
・1190-9-20 僧俊成畠地譲状 相伝私領 ※東大寺文書之六
       ・僧俊成、藤原四子 東大寺小綱
       ・紀姉子

・1190-11 紀実春(大井氏)
     ・頼朝の入洛の際、後陣一番の隋兵を努めた。

・1190-12 成清(善法寺・弥勒寺)石清水八幡宮「護国寺」宮寺別当 
      ・院庁 成清の請けにより宝塔院領12ヶ所を安堵

・1190-1199 鹿児島県日置郡伊集院町「一字治城」
       又は「伊集院城」又は「銑山城」
      ・伊集院郡司 紀四郎時清が館を構えるが
      ・4代を経た紀時忠で紀氏の伊集院氏は血統が絶えた。
      ・島津の一族伊集院久兼(久親)がこれに代わる
               ※鹿児島県城郭大系       

・1191 榮西 帰朝し禅宗(臨済宗)を広む 
            ※日本史年表 吉川弘文館

・1191「田村庄」丹後国(京都府)京丹後市
         ・領主:石清水八幡宮 出典:島田文書

・1191-2-21 捧 紀五近永の信濃諏訪下宮社領を防ぐることを
       ・源朝臣頼朝は停め、所当を弁済せしむ

・1191-10-11 加茂朝臣済憲 陰陽助 八十嶋祭り
       

・源朝臣頼朝 征夷大将軍 1192-1199年


・1192 「松永御厨」伊勢国(三重県)鈴鹿市
               ・領主:伊勢神宮 内宮領 出典:神鳳鈔

・1192「殖木庄」筑前国(福岡県)糠屋郡
          ・領主:石清水八幡宮 出典:石清水田中家

・1192「吉原庄」筑前国(福岡県)糠屋郡
          ・領主;石清水八幡宮 出典:石清水田中家

・1192「白水庄」筑前国(福岡県)春日市
         ・領主:石清水八幡宮 出典:石清水田中家

・1192「福田保」播磨国(兵庫県)加東市
         ・領主:石清水八幡宮 出典:石清水菊大路家

・1192「能美庄」加賀国(石川県)金沢市
         ・領主:石清水八幡宮 出典:石清水菊大路家

・1192 紀朝臣実俊 散位 申文

・1192 紀成虎 名草郡直川刀禰職の孫

・1192 道清(中坊・宮崎)石清水八幡宮
    ・「護国寺」宮寺法印・権大僧都  
  
・1192-2-4 成清(善法寺・弥勒寺)石清水八幡宮
      ・「護国寺」宮寺 法印・権大僧都・検校    

・1192-2-4 道清(中坊・宮崎)石清水八幡宮「護国寺」宮寺検校→法眼

・1192-2-4 成清(善法寺。弥勒寺)石清水八幡宮 
      ・「護国寺」宮寺法印・権大僧都・検校
           ・娘(土佐局):藤原朝臣光親の妾    
                        
                丹後守
   藤原光雅─藤原光親    従5位下  阿闍梨上人
          ‖─────┌藤原光氏──園俊───俊済
        石清水成清の娘  │     入唐帰朝
         土佐局     │
                 └女子
                  ‖ ──────定済僧正
                藤原=土御門定通
                  内大臣
                 1188-1247         

・1192-5-30 紀朝臣藤太夫 鶴岡八幡宮若宮職掌 紀朝臣藤太夫の家を焼く 
      ・源朝臣頼朝 八幡宮に馬を献じて之を謝す  ※史料綜覧

・1192-6 紀朝臣宗季 従5位上 後京極殿家司 
         ・豊前守 政所別当 御厨子所預
       
・1192-9 重源上人 播磨国に浄土寺を開創

・1192-12-28 慶清(中坊)石清水八幡宮 別当 
       ・「護国寺」宮寺法印・大僧都
       ・58歳入寂(1134-1192)
 
・1192-1398「松永荘」若狭国(福井県)小浜市
           ・領主: 室町院
      ・本家職 室町院 暉子内親王
          、・伏見宮栄仁親王に継がれる→1541 武田氏領に
      ・平野16村及び上中郡野木村より成る  
  
・1193 常陸国北部(茨城北部)石清水八幡宮領 平安末期〜鎌倉初期

・1193「上妻庄」筑後国(福岡県)八女市
         ・領主:喜多院 出典:石清水田中家

・1193「安田保」周防国(山口県)光市
         ・領主:阿弥陀寺 出典:重源周防阿弥陀寺

・1193「新長松御厨」伊勢国(三重県)津市
         ・領主:伊勢神宮外宮 出典:神鳳鈔

・1193 紀次郎詮遠 出羽国「男鹿島五社堂」縁起に、
    今澤田一町を納めるとある  ※角川地名大辞典

・1193 紀朝臣実俊 散位  紀成寅散位の孫

・1193-3 紀朝臣国隆 宇土権介朝臣判 肥後玉名郡の大野氏の祖
     ・1195-3 紀朝臣 宇土権介 肥後国文書に判あり、
                    この宇土氏は中関白道隆の後裔とは違う

・1194-4 実済 東寺長者 御教書     
     
・1194-4 奉行:安富右近大夫行長

・1194-4-27 承仁法親王 天台座主 29歳入寂(1168-1197)
        
      後白河天皇
        ‖―――承仁法親王
      紀孝資の娘

・1194-7-16 紀松女 伊賀国名張郡「黒田庄」田地譲状
                ※東大寺領

・1194-8-25 紀朝臣頼兼 左官掌 束帯 ※東大寺宝蔵編

・1194-8-25 紀朝臣良重 左史生 束帯 ※東大寺宝蔵編
       ・1195-3-10 大史生

・1195「守山庄」肥後国(熊本県)下益城郡
         ・領主:喜多院 出典:石清水田中家

・1195「宮野庄」周防国(山口県)山口市
         ・領主:重源上人 出典:東大寺文書

・1195 福岡県山門郡大和町鷹尾字馬場の鷹尾神社=高良別宮 以降
    紀氏が大宮司として奉仕 ※角川地名大辞典

・1195 栄西「聖福寺」を創建(福岡市博多区)

・1195頃 紀某女 呼名:土佐 石清水八幡宮別当紀幸清の娘
                    ※平安時代史辞典 

・1195頃 紀朝臣久兼 藤原朝臣信清 正2位内大臣の家司
     ・摂関家侍

     ※藤原朝臣信清:北家 藤原朝臣忠平―藤原朝臣道隆の後裔

・1195-1-25 安夜御前 雙林寺宮
      ・逝去
      ・父:鳥羽天皇
      ・母:美濃局=紀家子

・1195-2-12 紀朝臣久衛 弾正少 東大寺供養

・1195-3 紀朝臣国隆 宇土権介 肥後国文書に判あり
     ・この宇土氏は中関白道隆の後裔とは違う

・1195-3 重源上人 東大寺再建供養

・1195-3-10 紀朝臣良重 大史生

・1195-3-12 済於 東大寺 供養僧 納衆
       ・1196-2-24 興福寺 東大寺 供養僧

・1195-3-12 済春 東大寺 供養僧 納衆
       ・1196-2-24 興福寺 東大寺 供養僧
       ・1206-4-16 興福寺 僧徒参賀 五師の1人

・1195-3-12 賀茂済兼 東大寺 納衆

・1195-11 重源上人、醍醐寺の上醍醐寺に経蔵を建立する 
                   ※醍醐寺 淡交社

・1195-12-2 若狭国「国富保」及び犬熊野浦に国郡司の入勘することを
       停め、吉原安富の子孫をして伝領せしむ。※吉川文書

−−1196 文覚僧 仏師運慶は文覚の引き立てで神護寺、東寺、東大寺
         の諸仏を造像し修理する
     ・1197 東寺(教王護国寺)の再興を成し遂げた
     ・佐渡島へ流罪
     ・源朝臣頼朝の挙兵を決断させる
     ・後年、鎮西に流され配所にて没した

・1196-1-30 承仁法親王 
       ・第63世 天台座主 円融坊

・1196-2-24 済玄 東大寺 供養僧
       ・興福寺 東大寺 供養僧
       ・父:藤原朝臣尹通(南家 藤原朝臣貞嗣の後裔)

・1196-2-24 済春 興福寺 東大寺 供養僧

・1196-2-24 賀茂朝臣済兼 興福寺 東大寺 供養僧
     
・1196-2-24 済於 興福寺 東大寺 供養僧

・1196-2-24 加茂朝臣済憲 雅楽楽前 東大寺 供養編

・1196-3 宇土權助 紀朝臣判あり 宇土氏あり

・1196-3-22 紀朝臣兼康 右衛門少志 行事賞 東大寺供養

・1196-6-17「松永荘」 越中国(富山県)小矢部市
             ・領主:京都「松尾神社」出典:松尾神社 
    
     ・松尾神社は古くから蟹谷郷27ケ村の郷社と称し庶民の信仰が
       厚く宮修理は松尾村をはじめの21ケ村で行ったという
     ・1196〜1237〜1390〜1486
       1534〜1546-8「松永南荘」の領家
     ・1544-6-15 社僧実印の名がある

     ・越中国砺波郡「松永郷」あり、現:富山県小矢部市
      ・1471 浄土宗が盛んで
      ・1467-1477 応仁の乱のとき畠山の家臣、
                         遊佐氏が埴生の蓮沼城に居て
             松永に「松台寺」を時宗寺院として保護した
     ・隣は蟹谷郷=京都の石清水八幡宮領
     ・反対側には石黒郷=仁和寺領
     ・「松永村」江戸期 加賀藩領     
      ・宮島組58村のうち   ※角川地名大辞典 

・1196-11-5 卜部兼済 加茂社 次宮主神祇少祐

・1197 大隅国隼人町「松永名」七丁 大隅正八幡宮領地として

・1197「東郷別府」薩摩国(鹿児島県)薩摩川内市
          ・領主:正八幡宮 出典:図田帳

・1197「入来院」薩摩国(鹿児島県)薩摩川内市
         ・領主:弥勒寺・五大院政所 出典:五大院政所が管轄
                メモ:紀四郎・紀藤二・紀藤太郎

・1197「日置庄」薩摩国(鹿児島県)日置市
         ・領主:正八幡宮 出典:紀四郎時綱・紀六太夫正家

・1197「満家院」薩摩国(鹿児島県)日置市
         ・領主:近衛家・一条院 出典:紀朝臣道房

・1197「島津庄」薩摩国(鹿児島県)鹿児島市
         ・領主:紀朝臣道房 出典:桑東郷:松永名

・1197「荒田庄」薩摩国(鹿児島県)鹿児島市
         ・領主:正八幡宮 出典:石清水田中家・菊大路家

・1197「日置庄」薩摩国(鹿児島県)日置市
         ・領主:石清水八幡宮 出典:石清水田中家

・1197「伊集院」薩摩国(鹿児島県)日置市
         ・領主:正八幡宮 出典:長谷場文書

・1197「東郷別府}薩摩国(鹿児島県)薩摩川内市
         ・領主:正八幡宮・弥勒寺 出典:図田帳

・1197「ジョウ答院」薩摩国(鹿児島県)薩摩川内市
         ・領主:近衛家・一条院 出典:伊集院・宮里

・1197「蒲生院」大隅国(鹿児島県)姶良市
         ・領主:正八幡宮 出典:図田帳

・1197「栗野院」大隅国(鹿児島県)姶良市
         ・領主:正八幡宮 出典:図田帳

・1197「姶良庄」大隅国(鹿児島県)鹿屋市
         ・領主:正八幡宮 出典:図田帳

・1197「鹿屋院」大隅国(鹿児島県)鹿屋市
         ・領主:正八幡宮 出典:図田帳

・1197「島原庄」筑後国(福岡県)大牟田市
         ・領主:喜多院 出典:石清水田中家

・1197「篠崎庄」豊前国(福岡県)小倉北区
         ・領主:喜多院・弥勒寺 出典:石清水田中家

・1197「大野井庄」豊前国(福岡県)行橋市
           ・領主:石清水八幡宮 出典:石清水田中家・菊大路家

・1197「畠原下崎庄」豊前国(福岡県)行橋市
          ・領主:喜多院・弥勒寺 出典:石清水田中家

・1197「荒津別府」豊前国(福岡県)京都郡
         ・領主:喜多院・弥勒寺 出典:石清水田中家

・1197「金国保」豊前国(福岡県)田川市
         ・領主:石清水八幡宮 出典:石清水文書・善法寺文書

・1197「位登庄」豊前国(福岡県)田川市
       ・領主:喜多院・弥勒寺 出典:石清水田中家

・1197「糸田庄」豊前国(福岡県)田川郡
         ・領主:石清水八幡宮 出典:石清水田中家

・1197「池尻別府」豊前国(福岡県)田川郡
         ・領主:石清水八幡宮 出典:石清水田中家

・1197「恒富保」周防国(山口県)山口市
         ・領主:藤井朝臣光永 出典:小村:松永

・1197「野田庄」備前国(岡山県)岡山市
         ・領主:重源上人の開発 出典:重源譲り状案

・1197「楠葉牧」摂津国(大阪府)高槻市
         ・領主:石清水八幡宮 出典:ー

・1197「椹野荘」周防国(岡山県)吉敷郡
       ・領家:東大寺領 
          ・俊乗房重源上人は預所職に
        紀朝臣季種右衛門尉を補任した

・1197 薩摩の土地台帳による
     ・「伊集院」・八郎清景 院司(迎清の息子)
          ・紀四郎時網 名主
          ・紀平ニ元信 名主
    ・「宮里郷」・紀六太夫正家 郷司
    ・「高城郡」・紀六太夫正家 名主 ※入来文書  
  
・1197「松永八丁」大隈正八幡宮の領地として 大隈国隼人町
      ・税所 藤原朝臣篤守(用)所知
      ・1198 郡司:大中臣朝臣時房
      ・地頭:中原朝臣親能
      ・1198-1866 大隈国桑東郷大隈八幡宮領143町9反

      ・1276「桑東郷・・松永名 十二丁」
      ・1338 大隈正八幡宮の領地「松永名」「西光寺」「武安名」「宮永名」
      ・1432「松永上津家」「松永大神」「武安下津家(建部氏)」
                  の三家に分かれ、神社も三社あり

・1197 紀正家(父:伴正信=祖先:970 伴兼行ー○ー兼貞)
    ・紀正家は政所(終身職)          ‖
                        平季基の孫と結婚
                      (島津荘の創設者の後裔)

・1197 京都の内裏大番参勤交名にあり(定期的に警備の奉仕)
    ・薩摩国の御家人
    ・宮里八郎(紀姓) 宮里郡司孫九郎久俣
    ・南郷万楊房
    ・高城郡司  ※薩摩旧記      

・1197-4-27 承仁法親王 
       ・29歳入寂(1169-1197)
       ・父:後白河天皇
       ・母:丹波局、紀朝臣孝資又は仁操僧都
      
・1197-5-3 幸清(竹)石清水八幡宮「護国寺」宮寺法眼 
      ・筑前「香椎宮」を石清水八幡宮に付し
              社務を執行せしむ
      ・1199-7-30「香椎宮」検校
      ・1207 八幡宮寺法師 宮別第33代別当
      ・1220-9 検校 権大僧都「香椎宮」同宮造営成る
                      八幡聖母「香椎宮」検校・法印・大和尚位
      ・1220-10-4 石清水八幡宮 宮寺検校
      ・1222-4-29 幸清とその子孫が相承すべきことが確認されている
             ・駿河国「蒲原荘」庵原郡 領家職
      ・1229-7 石清水八幡宮 別当
      ・1235-5-16 宮領山城今福「薪荘」両所に守護人を
                         置くことを幕府に申請
            ・1235-6-27 石清水八幡宮別当 罷む
            ・1235-7-11 58歳入寂(1177-1235)
      ・父:石清水八幡宮 成清(善法寺)八幡宮寺法印
      ・娘:24人いるが省略      

   光清─成清──幸清─┌超清 法印 権大僧都 歌人
   垂井 善法寺 竹  │
             ├耀清 検校・社務・権別当
             │ 柳  
             │
             ├応清 修理別当                
             │
             ├幸真 少別当・権少僧都
             │
             ├当清 権別当 1251-11-26 36歳入寂
             │
             ├堯清 権別当
             │ 蒲生
             │
             ├幸海 号:大蔵卿 阿闍梨
             │
             ├幸源(承清)少別当・法橋
             │
             ├助清 少別当 号:大弐
             │
             └松姫 宝清(善法寺・家田)の室 
               
・1197-6〜7 薩摩国報告 国の完全な土地登記
       ・「万得名」は大隅国八幡神社の領地
       ・草道万得 15町 名主 紀太夫正家
       ・公領 61町5反(島津庄寄郡)郡司 紀六太夫正家
                   ※入来文書                    
・1197-6-30 紀朝臣助頼 多武峯墓守長 
       ・僧 義弁に殺される

・1197-11 重源上人・阿弥陀寺(東大寺の末寺、別格本山)を開創
           周防国佐波郡(山口県防府市牟礼)
      ・重源上人の念仏所
      ・住職は重源上人よりはじまり周防国に下った
      ・東大寺大勧進職の代々の国司上人をもって任じられた
      ・周防国国司は重源上人の後上人僧が江戸まで370年続いた


 
     
土御門天皇 1198-1210年 83代目
後鳥羽上皇 1198-1221年

   ・上皇は自ら流罪を訴え土佐国へ流された
   ・1239-2 隠岐島の配所にて19年 60歳薨去

・1198 「実相寺」巌遍 大法属

・1198 紀朝臣光延 従7位上 参河掾 藤原朝臣実家の雑色
            ※中世公家と地下官人 吉川弘文館

・1198 薩摩国図田帳に末永(伊集院町)25町 
        ・万徳院司 紀八郎清景
    ・伊集院郡司 紀氏の本貫地

・1198頃 栄尊法眼 
     ・父:紀朝臣季良(重源上人と兄弟)右衛門尉出家 

・1198-1 紀朝臣清業 巳上先朝出納也  ※三長記補遺

・1198-1 番衆 ・紀朝臣行長   ※三長記補遺
        ・紀朝臣助清

     小舎人 ・紀朝臣安弘
         ・紀朝臣友久
         ・紀朝臣久安

     召 ・紀朝臣友貞
       ・紀朝臣友安

     民部 ・大丞 紀朝臣景忠

・1198-2 紀朝臣兼高  ※三長記補遺

・1198-2-2 薩摩国の地頭と御家人(紀氏関係)
      ・伊集院四郎入道迎清(八郎清景)父:紀時清 伊集院郡司
      ・南郷万楊房覚斎
      ・宮里太郎(紀六太夫正家)郡司
      ・高城 紀正家 名主  ※入来文書

・1198-2-27 慈済和尚 観世音寺 衆徒 勧進僧の不法を東大寺に訴える
      
・1198-11-3 増清(竹)石清水八幡宮 権別当「護国寺」宮寺法印
       ・55歳入寂

  光清─最清─増清─┌範清
  垂井 山井 竹  │
           ├昭清─────最昭
           │少別当・法橋
           │
           ├寛清─┌幸寛─────幸寛──※ 
           │   │少別当・法橋 少別当
           │法眼 │
           │   └朗清 少別当 号:侍従
           │
           ├親清
           │
           └女子 幸清(香椎宮検校)の室

   ※幸寛─┌覚源
       │   ┌祐円 少別当
       ├朗円─│
       │   ├清顕 治部卿・権僧正
       │   │
       │   └円世─┌有世 少別当
       │       │
       │       └道琳
       │
       └朗清 少別当・号:侍従

・1199「有井庄」土佐国(高知県)四万十市
       ・領主:石清水八幡宮 出典:石清水田中家

・1199-7-30 幸清(竹)石清水八幡宮
       ・「香椎宮」検校

・1199-7-30 祐清(善法寺)石清水八幡宮 権別當
             ・号:土御門
       ・「宇佐弥勒寺」及び「喜多院」司・「正八幡宮」検校職
  	   ・1206-1-3 八幡宮第32代別當
       ・1206-6-9「護国寺」宮寺別当
             ・祐清の請けに依り弟子、秀清をして
              「弥勒寺・喜多院」に
             ・1207-1-29 宮別当を罷める、幸清を宮別当に
                          秀清を権別当に
       ・1209-9-7「弥勒寺・喜多院」第13代 検校
             ・宇佐八幡宮は「宮寺」「寺家」に分かれていきます
             ・1221-4-23 56歳入寂(1166-1221)

       ・明恵と交流あり     
       ・父:成清(善法寺)石清水八幡宮別当 宮寺検校・大僧都   
       ・母:仁和寺大善房上座禅信の娘
             ・娘:藤原朝臣(三条)伊成の室
       ・娘:後白河院女房新少将

   光清─成清──祐清──┌光真 権大僧都
   垂井 善法寺 善法寺 │   
              ├秀清 権別当法印
              │
              ├棟清 檀 検校・別当・法印              │   
              │
              ├栄清 平山 少別当法眼
              │   1228-4-3 34歳入寂
              │
              ├住清 権少僧都
              │
              ├宝清 家田・善法寺
              │   検校・別当・法印・大僧都
              │
              ├長清 少別当 号:長寿法眼
              │
              ├性清 少別当 権律師
              │
              ├清真 日円房阿闍梨
              │
              ├祐俊 萱 法眼
              │
              ├成祐 少別当
              │
              ├女子 新少将 後白河院女房
              │
              └女子 藤原朝臣(三条)伊成の室 

         石清水八幡宮別当検校祐清(善法寺)
        ‖―――――紀某女 後白河院女房
     少別当明俊の娘      ‖
                 石清水八幡宮耀清(柳)
                  歌人
                        
・1199-8-27 成清(善法寺・弥勒寺)石清水八幡宮 
       ・「護国寺」宮寺法印・権大僧都・検校  
             ・71歳入寂(1128-1199) ※吾妻鏡     

・1200 栄西「寿福寺」の開山(神奈川県鎌倉市)
    ・創建:源朝臣頼朝の妻 政子
    ・著書:出家大綱

・1200「佐波令」周防国(山口県)周防市
         ・領主:阿弥陀寺 出典:重源周防阿弥陀寺

・1200「牟礼令」周防国(山口県)周防市
         ・領主:阿弥陀寺 出典:重源周防阿弥陀寺

・1200「周防本郡」周防国(山口県)光市 
         ・領主:阿弥陀寺 出典:深江文書

・1200「萱島西庄」阿波国(徳島県)板野郡
         ・領主:石清水八幡宮 出典:紀伊隅田家

・1200 源朝臣済雅 摂関侍 源朝臣済政の後裔 

     宇多源氏:源朝臣有雅(1176-1221)―┌源朝臣済雅
      正3位中納言           │
      佐々木野流                  └済賢 乞食人

・1200 済賢 乞食人 源朝臣済政の後裔

・1200頃 成眞 仁和寺 権大僧都 法印 阿闇梨
     ・父:成清(善法寺)石清水八幡宮別當
     ・本浄山上執行 山上東谷坊にて入寂
       
・1200頃 良清 石清水八幡宮権上座 少別當 修理別當 
     ・「護国寺」宮寺法眼
     ・父:成清(善法寺)石清水八幡宮別當
     ・若死

     光清─成清──良清 法眼
     垂井 善法寺    修理別当
        弥勒寺

・1200頃 藤原済綱の娘
       ‖
     藤原家経=五辻(北家 藤原道長―師実の後裔)

・1200頃 藤原朝臣済氏 内蔵 従3位
     ・1268 従2位 非参議
     ・父:藤原朝臣済基 1150 能登守

・1200頃 菅原朝臣長済 安楽寺 別當 法印 
     ・菅原朝臣流:五条氏

・1201 藤原朝臣済基 能登守 逝去    

・1201「隅上庄」筑後国(福岡県)うきは市  
         ・領主:喜多院 出典:石清水田中家

・1201「河合庄」筑後国(福岡県)八女市
         ・領主:喜多院・弥勒寺 出典:石清水田中家・菊大路家

・1201「重友保」加賀国(石川県)金沢市
         ・領主:石清水八幡宮 出典:石清水菊大路家

・1201-9-7 紀行景(浦上)山柄  ※吾妻鏡


・源頼家 将軍 1202-1203年


・1201-10-14 幸清(竹)石清水八幡宮「護国寺」宮寺検校

・1201-12-28 大宮小侍従 紀氏
       ・石清水八幡宮 社歌合わせに出詠している

・1202 栄西 日本茶の創始者 茶道の始祖
    ・京都に禅宗 建仁寺を開山 源頼朝が外護者として援助

・1202 大宮小侍従 紀氏
    ・82歳逝去(1120-1202)

・1202 源朝臣済雅 源朝臣済政の後裔
    ・父:源朝臣有雅 
    ・弟:済賢 乞食人

・1202-1256 紀朝臣行連 藤原朝臣兼経の家司 摂関家侍

     ※藤原朝臣兼経:北家 藤原朝臣道長ー師実の後裔


・源実朝(北条時政)1203-1219年 


・1203 聖済 觀修寺 慈尊院第5世  師:栄譽
    ・1203 神護寺 別当 権僧正

・1203 覚済 宝金剛寺 僧正 千葉県直弥の開山
    ・1214-2-14 東寺 歓喜寿院 御堂供養御参 巳上・巳講
    ・1219-3-8 東寺 阿闍梨 光台院御堂御修法事 伴僧
    ・1249-6-26 東寺 大炊殿 仁王経法
    
・1203 岐部成久 岐部城を築く
    ・岐部軍 浦部衆の水軍として活躍した
         ・岐部弥太郎・富来彦三郎・櫛木藤九郎

・1203「南俣院」大隅国(鹿児島県)曽於市
        ・領主:正八幡宮 出典:大隅禰寝文書

・1203「長野庄」石見国(島根県)益田市
        ・領主:安富郷 出典:益田家文書

・1203-7-17 紀朝臣信兼 正6位上 右大史 兼左衛門少志 
       ・東大寺宝蔵編

・1203-7-17 紀朝臣国兼 従7位上
      ・1230-10-27 左官掌

・1203-1392 伊勢国河曲郷「松永名田」国衙領
       ・地頭:四方田五郎(武蔵児玉党)

・1204「松永名」桑東郷
        ・園田帳に桑東郷主丸 字:紀新太夫良房所知と」ある
        ・平山氏・小川氏

・1204「荒田庄」薩摩国(鹿児島県)伊佐市
         ・領主:正八幡宮 出典:石清水田中家・菊大路家

・1204「高井田庄」河内国(大阪府)東大阪市
         ・領主:石清水八幡宮寺 出典:石清水菊大路家

・1204 栄西 著書:日本仏法・中興願文

・1204 済巌 天龍山「慈雲寺」臨済宗 法印 権大僧都

・1204 紀朝臣宗季 下司 幕府任命摂津「吹田莊」春日神社領
    ・藤原朝臣良経摂関家侍      ※日本荘園史4
    ・源平争乱の時、当荘の下司:紀朝臣宗季の舎弟紀朝臣宗時が
     平家に味方した時、この兄弟を追放したが還補された

   ※藤原朝臣良経 従1位 太政大臣の家司(北家 藤原道長ー師実の後裔)

・1204-1-21 道清 石清水八幡宮 別当
      ・祖父:勝清 建立の営舎並びに諸国の・・
                  
・1204-2 紀朝臣久康 左衛門少尉 初齋院功
     ・紀朝臣久基 初齋院功

・1204-2-5 宗清(田中・中坊)石清水八幡宮 宮司
      ・「筥崎宮」検校に
      ・1205-1-12 石清水八幡宮宮司
             ・父:道清所領を房清に譲る
      ・1206-1-3 父:道清より所領 筥崎宮が譲られる
      ・1217-1-27 八幡宮別当 神領の管掌 堂塔の建立
      ・1225 八幡宮「護国寺」宮寺法印 
          ・娘:藤原朝臣資通の母になる
             ・従3位 右京大夫 萬里小路流
      ・1225-3 八幡宮権別當超清の濫望を絶つ
           ・棟清(壇)と一味同心を契する
      ・1232-2-20 八幡宮権別當 宮寺法印
            ・石清水遷座縁起の修理権大夫行能の
             書き写し可秘
      ・1235-6-27 八幡宮別當
      ・1236-1-8 八幡宮別当 春日神木の動座に依り
            その意見を陳ずる
      ・1236-2-22 八幡宮別当 藤原朝臣道家 右大弁為経をして
             宗清に告げしむ
      ・1236-7-1 処分無きにより、興福寺衆徒、再び春日社頭の門を・・
      ・1237-6-9 48歳入寂(1189-1237)宮寺検校14代 
      ・父:道清(中坊)石清水八幡宮別当・「護国寺」宮寺法印・権大僧都
            (宮崎)・歌人
            ・妻:源朝臣光信右衛門尉の娘(清和源氏土岐氏)
         鳥羽院 従5位上

  光清─勝清─慶清─道清─宗清─┌章清 少別当
 垂井 園  中坊 宮崎 田中 │
             中坊 ├教清 法印・権別当
                                │                         
                ├行清 検校・社務・別当・法印・大僧正
                │ 田中  
                 │
                ├女子 四條隆盛の室
                │
                ├女子 土御門院女房 号:新太夫局
                │
                └女子 藤原(吉田)資通の室、吉田通俊の母  
                    万里小路                      

・1204-2-10 紀朝臣六太夫正家 散位 
      ・八幡宮神職権執印 宮里郷地頭(宮里姓に)
              ※日本姓氏大辞典 太田亮

・1204-3-13 紀朝臣正家の寄進状
       ・宮里郷の紀朝臣正家散位が神道「志奈男社」に3反の田・・
       ・宮里の紀氏は一部、後の入来院領主に仕えた
       ・1919 一族の主な子孫、宮里栄は入来村の村長に選出された
                                  ※入来文書

・1204-4 紀朝臣久朝 初齋院功  ※三長記
     紀朝臣成信   ”

・1204-8-23 卜部兼済 加茂社 神部に人云々

・1204-8-23 巌済 天龍山「慈雲寺」臨済宗 
       ・法印 権大僧都
       ・父:藤原朝臣済基 1150 能登守     
       ・兄:藤原朝臣済氏

・1204-10-24 豊原朝臣松永 従7位上行 伊豆少目
              ・父:豊原朝臣(平群氏族で武内宿禰の裔)


北条義時 執権 1205-1224年


・1205「遠石庄」周防国(山口県)徳山市
       ・領主:石清水八幡宮 出典:石清水田中家

・1205「吾河保」伊予国(愛媛県)伊予市
       ・領主:石清水八幡宮 出典:石清水田中家

・1205「櫛淵庄」阿波国(徳島県)小松島市
       ・領主:石清水八幡宮寺 出典:石清水田中家

・1205「宇治会保」常陸国(茨城県)小美玉市
       ・領主:石清水八幡宮 出典:石清水田中家
       ・鎌倉期まで

・1205 紀朝臣守近 真言院後七日御修法請僧等事 
                 ※東寺百合文書ろ

・1205 済尊 
    ・1205-11-25 園城寺
    ・1205-11-29 東寺 律師 功徳院 
    ・伝燈大法師位定額僧に補す
    ・源朝臣済政の後裔

・1205-1-1 俊済 園城寺=三井寺 法橋 金堂修造功
      ・1210頃 西大寺 律師
      ・1224 東寺 権寺主 伝燈大法師位
      ・1240-10 東寺 長者 法橋 権上座大法位
               ※教王護国寺三網等解 東寺文書御七
      ・1243 西大寺 律師
      ・父:親園(園俊)阿闍梨上人 入唐帰朝 
         ・北家 藤原朝臣光親→藤原朝臣光氏→園俊阿闍梨
                    ・母:紀成清の娘

・1205-1-12 宗清(田中・中坊)石清水八幡宮 宮司
       ・父:道清所領を房清に譲る

・1205-2-10 宮里郷(薩摩国)地頭 散位 正家
       ・執權印家の祖:宮里氏
                  ※執印氏文書 

・1205-2-21「土袋荘」武蔵国(埼玉県)「松永村」本村小美濃郷、
          ・川島領に属す、
          ・現、埼玉県松山市
          ・古くは比企能員の領有するところ
       ・「土袋荘」の貢物を鎌倉の永福寺住呂等供養料に当てる

・1205-5-8 済尊 園城寺=三井寺

・1205-7-29 紀六太郎(寺町五郎太夫)河野通信の一族 
       ・伊予国守護 河野四郎通信の沙汰となる
       ・1219 失脚する 奥州平泉に配流 
                 ※日本姓氏大辞典 太田亮

・1205-11-25 済尊 園城寺
       ・1205-11-29 東寺 律師 功徳院 伝燈大法師位 
              ・定額僧に補す  
       ・1236-1-8 東寺 阿闍梨 真言院 後7日御修法請負僧 12天供    
       
・1206「八幡庄」出雲国(島根県)松江市
          ・領主:石清水八幡宮 出典:石清水文書
             
・1206-1-3 道清(宮崎・中坊)石清水八幡宮 別当 
      ・82歳入寂(1124-1206)
      
・1206-1-3 祐清(善法寺)石清水八幡宮 第32代別當

・1206-1-3 宗清(田中・中坊)石清水八幡宮
      ・父:道清より所領「筥崎宮」が譲られる

・1206-4-11 紀朝臣良景 臨時御法事  ※三長記

・1206-4-16 済春 興福寺 僧徒参賀 五師の1人

・1206-4-29 法橋巌慶「実相寺」田事 
       ・合弐段者 在左京九条一坊六坪東寄 作人:俊元
       ・作人の罪科に依り没収す

・1206-6-5 重源上人 播磨国の浄土寺にて入寂
            ・85歳入寂(1121-1206)

・1206-6-9 祐清(善法寺)石清水八幡宮「護国寺」宮寺別当
      ・祐清の請けに依り弟子、秀清をして「弥勒寺・喜多院」に
           
・1206-6-9 秀清 石清水八幡宮
      ・「弥勒寺・喜多院司」(祐清の弟子)
      ・1207 八幡宮権別当「護国寺」宮寺法印 
      ・疱瘡で入寂(?-1207)

・1206-8 紀朝臣景忠=石上 散位 ※三長紀朝臣景忠記

・1206-9 栄西 重源上人の後を受けて東大寺勧進職 
 
・1206-9-15 重源上人 100ケ日の追善供養をした

・1206-11 明恵=高弁 栂尾高山寺を起こす
     ・1212-11「摧邪輪サイジュリン」を著し法然を非難した
     ・華巌宗中興の祖
     ・1232 60歳入寂(1171-1232)

・1207 幸清(竹)石清水八幡宮 第33代別当「護国寺」宮寺法師
    
・1207 秀清 石清水八幡宮 権別当「護国寺」宮寺法印 
    ・入寂=疱瘡で(?-1207)
          
・1207 松永山「道林寺」真宗大谷派 
    ・越中国(富山県)小矢部市中央    
    ・住持ちが親鸞に帰依して一向宗に改めたという
    ・1182−1 真言宗「聖寿院」が前身
    ・1473-8 10代目の松永(松長)慶順 22歳が入寂したとき
         蓮如が悔やみを出している

・1207頃 了慶 紀氏 東大寺法印
     ・父:紀朝臣俊文 紀伊守 歌人

・1207-1-29 祐清(善法寺)石清水八幡宮 宮別当を罷める      
       
・1207-2-28 紀三子 家地売券案
       ・大和国城下郡東十七条四里三坪 ※東大寺文書
      
・1208「滝房荘・同加納宮永保」因幡国(滋賀県)鳥取市(邑美郡)
       ・領主:石清水八幡宮領 出典:石清水田中家・菊大路家
    ・1311 善法寺尚清処分状あり

・1208「芥見庄」美濃国(岐阜県)岐阜市
       ・領主:石清水八幡宮 出典:石清水菊大路家

・1208-3-26 紀重包 借米状 東大寺領「黒田庄」
       ・中村条釜石田地事

・1209 紀朝臣宗頼 修理所 侍所司(蔵人所)
    ・紀朝臣宗広 修理所  侍所司(蔵人所)

・1209 紀朝臣久直 侍所司 女御進物所預 侍所司
           ※中世公家と地下官人 吉川弘文館

・1209 長巌 紀尊真の子
    ・新熊野検校 承久の乱後、討幕計画に加担した罪で
          陸奥配流となる

・1209-2-29「太良荘」若狭国(福井県)小浜市
         ・百姓紀太男は盗犯を企て逃亡
                             ※小浜市通史編上

・1209-9-17 祐清(善法寺)石清水八幡宮 
       ・「弥勒寺・喜多院」第13代 検校
        ・宇佐八幡宮は「宮寺」「寺家」に分かれていきます
             
・1209〜1144 紀朝臣宗広 伊賀国目代
  



トップへ 戻り
次へ